短期工場勤務のデメリット

安定した収入にはならない可能性がある


短期工場勤務のデメリットは、契約期間が切れてしまえば仕事が終わってしまうという事です。単純に目的があって短期工場で働く方は良いかもしれませんが、安定した収入が欲しいという方にとってはデメリットになってしまうかもしれません。このデメリットを克服する方法は、継続雇用制度を導入している短期工場で働くという事です。継続雇用制度を導入している工場は、契約が終われば辞めることも出来るし、そのまま働きたいと思った場合は継続して働くことが出来ます。この継続雇用制度には2パターンあり、契約終了という形にしてから前回と同じ雇用契約を結ぶケースと、勤務期間を延長するという形で雇用契約を結び直すというケースがあります。短期工場勤務のデメリットが心配な方は参考にして下さいね。


思ったように人間関係を築けない可能性


短期工場勤務のもう一つのデメリットは、思ったように知り合いや友人が出来ない可能性があるという事です。単純に働きたいだけの方や、人間関係が苦手な方はそれでも良いかもしれません。しかし、少しでも知り合いが欲しい…と思っている方にとっては、大きなデメリットに感じてしまうかもしれませんね。もしも、短期工場勤務で新たな人間関係を構築したいという場合は、自分から積極的にコミュニケーションを取ったり、仕事仲間の輪に入る努力をして下さい。もしくは、短期で働く人を複数受け入れている工場を探して、そういった工場で働いてみてはいかがでしょうか。これから短期工場勤務で仕事に応募しようとしている方は、こういったデメリットがあるという事を覚えておきましょう。