長期工場勤務のデメリット

非正規社員として長期間働くデメリット


工場で長期間勤務するにあたり、デメリットとなる点をあげるとすれば、何年間も非正規社員のまま働くことがそれに該当します。実際に工場で働き始めると、正社員・非正規社員を問わず、取り組む作業の量にはそれほど差異がないことに気がつきます。非正規社員の方が、正社員よりも給与が低くなることは想像しやすいはずです。背負わなければならない業務の責任について、正社員の方に比重がかかるのは当然ですが、同じ作業をしているのに給与に差があるのはおかしい。という非正規社員の声はどこの工場にも存在しています。差異が発生するのは給与だけにとどまりません。正社員であれば支給されるはずの様々な手当て金なども、非正規社員の場合は工場の規定によって支給されないケースも存在しています。非正規社員として工場で働くデメリット・損失は、働く期間が長期になるほど大きくなることを覚えておきましょう。


工場の隠れたニーズ、人財


工場は長期間、腰を据えて勤めてくれる人材(=人財)を求めています。人財とは「人の宝」という意味です。人手不足と人材育成は工場の抱える大きな悩みのひとつです。求人の時点では非正規社員としての募集でも、採用後には勤務の実績などを踏まえて、正社員登用の道が生まれるのだということを覚えておいてください。工場に勤めると、業務を通じて様々な問題や課題へチャレンジできる機会に出会います。そんな時に、どうせ非正規社員だからと斜に構えているよりも、どうしたら解決できるか、どうしたらうまくいくだろうか。こういったことを考えながら勤めてもらえる人材(=人財)を工場は心の底から求めています。工場で長期間勤めたい思いがある人は、工場にとっての宝。人財を目指しながら、正社員登用も視野に入れて応募を検討してみてください。

工場の求人は昼間だけではなく夜間も稼働させる工場も多く、一日の中でも色々な時間帯で求人の募集が出ています。